総合保険株式会社東海保険

電話でのお問い合わせ0120-248-033

総合保険株式会社東海保険

メニュー

電話でのお問い合わせ0120-248-033

トップページ > コラム

コラム

2020.05.29

賢い家計の見直し方



こんにちは!

今回は「賢い家計の見直し方」

をお送りします。

 

緊急事態宣言が明け、街にも少しずつ活気が戻りつつある今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。

前回は経済ショックへの備えとして貯金が有効であるというお話をしましたが、今回は効率的な節約方法についてお話ししたいと思います。

 

支出から見る家計費の仕組み

 

家計費の支出は大きく「変動費」「固定費」に分けることができます。

 

変動費は毎月のように額に変動がある支出(食費や日用品費・レジャー費等)、固定費は毎月必ず支払わなければいけない支出(光熱費や通信費・学費等)を指します。

どちらも支出であることに変わりはありませんが、節約をするうえでこの分類は非常に大切になります。

 

節約のキモは固定費にあり!?

 

変動費の節約と言えばすぐに始められて効果も実感しやすい一方、負担が大きくストレスもかかりやすいというデメリットあります。長期的に続けていくのであれば無理な節約はオススメできません。

それに対して固定費の見直しは、多少手間はかかりますが一度見直してしまえば無理なく節約を続けていくことができ、非常にオススメです。

 

知らず知らず垂れ流している5大固定費

 

  • 住宅ローン

金利の低いものへ切り替えたら何百万円単位で支払総額を減らすことができる場合もあります。

  • 光熱費

最近では電力・ガス会社が競い合っており、お得なプランも登場しています。ぜひ一度契約内容を確認してみましょう。

  • 通信費

格安スマホの登場に料金プランの選択肢が大きく増加しました。

ご自身の使い方に合ったプランを!

  • 自動車関連費

車検や税金・保険料など、車の維持には想像以上にお金が掛かっています。

自動車保険を見直すだけでも年間数万円変わることもあります!

  • 生命保険料

重複していたり、必要以上にかけていたりしませんか?

ライフプランに合わせて見直すことで保険料を下げることも可能です。

月払い→年払い 口座引き落とし→クレカ払い など、支払方法を変更するだけでも効果あります!

 

固定費を見直して、ストレスなく貯金を始めませんか?

コラム一覧へ

保険のことならお気軽にご相談ください

フリーダイヤル0120-248-033

0120-248-033

受付 9:00〜17:00(平日)

メールフォームはこちら

取扱(引受)保険会社

損害保険ジャパン保険株式会社

東京海上日動あんしん生命

メットライフ生命

第一生命

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命